iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
> サポート > 製品FAQ > FAQの詳細

DVDの書き込みの失敗をどのように修復すればよいですか?

最終更新日:2015-07-14 18:47:26

以下の要因はDVDの書き込みの失敗につながる可能性があります。
1.一時ファイルフォルダーに十分な空きがない。
2.書き込みエンジンが動作していない。
3.DVDドライバーが故障している。
4.システムがオーバーロードしている。

次の手順に従って解決してください。
1.一時ファイルフォルダーに十分な空きをつくってください。なければ、設定>一般から一時ファイルの保存先を検索し、ファイルを移動してスペースを空けます。製品を実行するためには少なくとも25Mが必要です。
2.DVDドライバーが正常に機能するかを確認してください。
3.Win Burnが動作しない場合、作成>DVDに保存>オプションからStart  Burnを選択してください。
4.作成タブ>出力設定からDVDイメージファイル作成を選択し、ISOファイルにスライド ショーを書き込んでください。ISOファイルが動作する場合、ネロまたはロキシオ社など別の書き込みソフトを使用してディスクにISOファイルを書き込むこともできます。
上記の手順でも解決しない場合は、ログフォルダーとともに弊社にお問い合わせください。ログフォルダーを検索する方法は以下の通りです。

1.プログラムのアイコンを右クリックし、「ファイルの場所を開く」をクリックし、プログラムの保存先を開きます。
2.「ログ」という名前のフォルダーを見つけ、フォルダー内のすべてのファイルを圧縮して弊社まで送信してください。

この情報はお役に立ちますか?
はい     いいえ
人気製品

サイトマップ

Top