iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター
> サポート > 製品FAQ > FAQの詳細

ファイルの変換スピードをあげる方法

最終更新日:2016-03-24 16:00:56
変換スピードは元ファイルの長さとお使いのコンピュータの設定によります。
また、選択された出力設定が要因となっています。
出力設定を高くすれば時間がよりかかります。
変換を始める前に、プロセッサーに集中してしまうため、お使いのコンピュータの不必要なプログラムを全て閉じることを推奨します。

1. ソフトウェアにファイルを読み込んだ後、プリセットのところに「小型サイズ」を選択して下さい。



または解像度やビットレートを低くする設定も可能です。
残念ながら低く設定することによって出力品質が落ちてしまします。(一般的な動画、DVDやDRM保護のファイル)



2. 高速変換が有効な場合、高速変換ボタンが表示されるのでクリックして下さい。
一般的な動画にのみ使用可能です。
詳しい使い方については次のリンクhttps://www.wondershare.jp/supportcenter/how-tos/faq-18388.htmlを参照して下さい。



3. デュアルコア以上のマルチコアCPUをお使いの場合、「メニュー」 > 「環境設定」 > 「変換」をクリックしコアナンバーを2以上に設定して下さい。
選択した数字は同時にいくつのファイルを変換するかを意味します。(一般的な動画とDVD)



4. NVIDIAグラフィック、2世代IntelグラフィックカードまたはAMDグラフィックカードと最新ドライバーをお使いの場合、GPUエンコードを有効にする設定も可能です。
H.264出力形式より6倍速くすることができます。
非保護動画ファイルを変換するときのみ有効です。(一般的な動画とDVD)



5. 「メニュー」 > 「環境設定」 > 「DRM」をクリックし、「キャプチャーサイズ」を「オリジナルの半分」を設定するとスピードが速くなります。(DRM動画のみ) 


この情報はお役に立ちますか?
はい     いいえ
人気製品

サイトマップ

Top