iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhone 7/6Sの防水機能予想(最新情報)

2015年秋には『iPhone 7/6S』のリリースも噂され、より薄型で、カメラ機能や画像編集機能など、マルチメディアのあらゆる機能をバージョンアップさせながら、さらにAppleは、技術的な特許も意欲的に取得して、そこから防水機能を持った『iPhone』を発売するとも噂されています。

iphone7/6/plusの防水機能について

次世代iPhoneが防水になる、そんな期待が持てる特許が公開されました。iPhoneが、Apple Watchに次ぐ防水デバイスになるかもしれません。

iPhoneを防水にできる特許情報

米国特許商標庁は、アップルが申請した防水技術に関する特許情報を公開しました。特許は、電子基板をコーティングしたうえで、デバイスの内側をシリコンでカバーし、水分から保護する技術についてのものです。

iPhoneiPhone 7/6Sに防水機能が付く可能性は

実際に特許を取得し、『iPhone 7/6S』にそれを盛り込むことを決めたという噂話と、スリム化を図るには、「防水機能」は阻害要素でしか無く、サイズが大きく重くなってしまうために、防水機能を盛り込むことは出来ないという噂話の両方を同時に耳にします。

多くのユーザーが「防水機能」に期待している中、その可能性はどちらとも言いがたく、まさに五分五分なのです。しかし、スリム化を図るといったところで、それは限界のある話ですし、いつかは防水機能を入れないと、iPhoneユーザーが離れてしまうということも十分考えられます。

また、噂レベルとはいえ、防水機能の特許を取得したという話も出ている以上、最悪でも『iPhone 8』以降で防水機能を盛り込むのは間違いないのではないでしょうか。

であれば、早い時期に盛り込んでほしいと、ユーザーも期待するでしょうし、『iPhone 7/6S』に盛り込んでくることは十分に可能性として期待できる話だと思います。

iphone7/6s/plusの機能

iPhoneの弱点、防水性能を克服できるか?

防水機能というとAndroid機種にはかなりの機種で防水が採用されていますが、iPhoneでは防水機能は搭載されていませんでした。なぜ防水機能が搭載されていないのかというと間違いなく構造上分厚くなるからということが言われております。分厚くなると当然スタイリッシュさがなくなります。そうなるとiPhoneとしては結構つらいものがあるので、防水機能の搭載は見送られておりました。

ライバルであるAndroid陣営では防水性能を持つ端末は多く、iPhoneの販売上の弱点とも言われています。昨年はサムスンが「アイスバケツチャレンジ」をネタに、防水性能のないiPhoneを皮肉った動画を公開して話題となりました。

これまで、iPhoneの防水化は期待されていましたが、実現してきませんでした。iPhoneを防水にするためにはコーティング加工や、防水対応ケースを使用する必要がありましたが、iPhoneが単体で防水になれば、私たちユーザーはより便利にiPhoneを使えるようになるだけに、実現を期待したいところです。

recover deleted messages on iphone

推奨商品:Wondershare Dr.Fone for iOS

iPhone/iPad/iPodのデータが無くなって悩んでいる方、大事なデータの復元を実現したい方へ!

  • 対応機種:iPhone 6 Plus/6/5S/5C/5/4S/4/3GS
  • iOSデバイスの削除されてしまったデータを直接復元
  • iTunesやiCloudバックアップファイルからデータを復元
  • 復元可能なデータ種類は写真、ビデオ、メール、SMS、連絡先など
  • リカバリーモード、リンゴループやその他の異常モードから救出
Win版ダウンロード

無料体験

Win版ダウンロード
Mac版ダウンロード

無料体験

Mac版ダウンロード

名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

ホーム > 製品活用ガイド > topic > iPhone新機種関連 > iPhone 7/6Sの防水機能予想

サイトマップ

Top