iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhone 7/6sのバッテリー(消費電力)について

iPhoneシリーズでは、長きにわたって「バッテリー」問題がつきまとってきました。バッテリーの持ちは歴代のiPhone最大の弱点とまで言われ、沢山のユーザーから欠点として指摘されていました。しかし、この秋発売のiPhone 7/6sではこの問題に大きな改善が見られるかもしれません。

Apple、バッテリー部門の採用を強化

昨年発売された現行のiPhone 6/6 Plusではバッテリー持ちにかなりの改善が見られるようになりましたが、これは本体サイズの拡大によるバッテリー収納面積の増加による寄与度が非常に高いものです。そして特にiOS8.2へアップデートしたい方にとっては更に電池持ちの心配がつきません。iOS8.2へアップデートした後もiPhone 6の電池持ちが悪くなったり、充電してもすぐにバッテリーがなくなっていると感じている方は少なくないはずです。 しかし、Apple社はこのバッテリー問題について本気で解決しようと努力しています。

バッテリー

新型充電器

iPhone 7/6sは、ある部品のおかげでウェブ接続が高速になり、バッテリ駆動時間が長くなります。iPhone7/6sと噂されるこの端末には、Qualcomm製の「MDM9635M」チップが搭載されるということです。このチップは、Qualcommが2013年に発表し、2014年に製造が始まっています。通信事業者のLTEネットワーク上で、理論上はダウンロード速度300Mbpsということなので、「iPhone 6」や「iPhone 6 Plus」で提供されている150Mbpsと比べて、2倍の速度になります。QualcommのハイエンドLTEチップを搭載することによって、iPhone 7/6sのバッテリ駆動時間も延長されます。

そのチップは、これまでのモデルよりも電力効率が高いために可能になります。しかし、このチップに高速ダウンロードを可能にする能力があることは事実なのですが、ユーザーが実際にその恩恵を享受するとは限りません。端末がこのチップを搭載したとしても、ダウンロードは個々の通信事業者が提供する速度によって制限されるからです。

iPhone 7/6sのバッテリー

さらに、無線充電はiPhone 7/6Sのセールスポイントの一つです。iPhone 7/6sはワイヤレス充電に対応する可能性もあります。因みにGalaxy S6もワイヤレス充電に対応しています。サムスン社に対抗するため、アップル社はiPhone 7/6Sのワイヤレス充電を可能にするに違いありません。

recover deleted messages on iphone

推奨商品:Wondershare Dr.Fone for iOS

iPhone/iPad/iPodのデータが無くなって悩んでいる方、大事なデータの復元を実現したい方へ!

  • 対応機種:iPhone 6 Plus/6/5S/5C/5/4S/4/3GS
  • iOSデバイスの削除されてしまったデータを直接復元
  • iTunesやiCloudバックアップファイルからデータを復元
  • 復元可能なデータ種類は写真、ビデオ、メール、SMS、連絡先など
  • リカバリーモード、リンゴループやその他の異常モードから救出
Win版ダウンロード

無料体験

Win版ダウンロード
Mac版ダウンロード

無料体験

Mac版ダウンロード

名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

ホーム > 製品活用ガイド > topic > iPhone新機種関連 > iPhone 7/6sのバッテリー(消費電力)について

サイトマップ

Top