iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhone 7/6sの比較   iPhone7/6s VS iPhone6/6 Plus

iPhone 7/6sのスペックは以下のとおりです。

大きさ: 138.25×67.0x7.1mm
重さ: 未定(129g以上)
CPU: A9 トリプルコア
RAM: 2GB
ROM: 32・64・128GB
画面サイズ: 4.7インチ
解像度: 1920×1080ドット
カメラ: 1200万画素/500万画素
カラー: ホワイト・ブラック・シルバー・ゴールド・ローズゴールド
その他: Touch ID・フォースタッチ

iPhone 6/6 Plusからの変更点は?

RAMの容量

それでは、iPhone 6/6 Plusと比較してみていきましょう。まずは、RAMの容量が1GBから2GBになります。iPad AIR2ではすでに2GBを採用されていますが、iPhoneシリーズではこれまで1GBでしたので、ここでのレベルアップは意外でした。ユーザーにとってうれしいことです。

CPU

続いてCPUですが、A9というCPUが採用される予定です。このA9というCPUはトリプルコアになります。iPhone 6/6 Plusがデュアルコアなので、コア数が1つ増える予定です。コア数が増えるということで、処理速度の向上が望めます。

画面の解像度

続いて画面の解像度ですが、こちらが1920×1080に変更される予定です。フルHD解像度になります。iPhone 6/6 Plusでもすでにかなり綺麗ですが、さらに綺麗な画質になると予想されております。


iPhone 7/6s VS iPhone 6/6 Plus

カメラ

そして気になるカメラですが、こちらが1200万画素に変更される予定です。ついに1000万画素を超えるカメラが登場します。Androidの世界では当たり前ですが、iPhoneではまだ800万画素止まりでした。これまでも、カメラ性能はかなり高いと評判でした。そこから画素数があがり、さらに綺麗な写真が実現すると思われます。


iPhone 7/6sの比較

カラーバリエーション

そしてカラーバリエーションにおいては、新色のローズゴールドが登場します。iPhone 6/6 Plusのゴールドは、日本でもかなり売れていますが、これと同様のこの新しいカラーは人気になると思われます。

Touch ID

Touch IDは、指紋認証システムのことで、iPhone 5s以降のiPhoneシリーズのほか、iPad Air2やiPad mini3に搭載されていて、もちろんiPhone 6/6 Plusにもありますが、iPhone 7/6sではそのセンサーがディスプレイ上に設置されます。

フォースタッチ

最後にフォースタッチの搭載です。指先でのタッチを認識するだけでなく、タッチの圧力までも感知することもできます。いわゆる感圧センサー感圧センサーの搭載で、画面にタッチしたときの強弱の違いでアプリを起動したりすることが可能になります。


関連商品:Wondershare Dr.Fone for iOS

iPhone/iPad/iPodのデータが無くなって悩んでいる方、大事なデータの復元を実現したい方へ!

  • 対応機種:iPhone 6 Plus/6/5S/5C/5/4S/4/3GS
  • iOSデバイスの削除されてしまったデータを直接復元
  • iTunesやiCloudバックアップファイルからデータを復元
  • 復元可能なデータ種類は写真、ビデオ、メール、SMS、連絡先など
  • リカバリーモード、リンゴループやその他の異常モードから救出
iOS端末のデータの復活、リカバリーモード、リンゴループやブルースクリーンを解除するには、こちらへ >>
ホーム > 製品活用ガイド > topic > iPhone新機種関連 > iPhone 7/6s VS iPhone 6/6 Plus

サイトマップ

Top