iOS10アップデート

iOS10アップデート iPhone7機種変更 会社情報 お問い合わせ ダウンロードセンター

iPhone例年の販売台数

iPhoneシリーズの新機種は、例年9月に発売されてきました。新モデル発売直後の四半期である10月から12月期は、年末商戦もあることから、iPhoneの販売は毎年この時期に伸びています。例年のこの時期の販売台数をみていきましょう。

2014年10~12月期の決算は、売上高、利益ともに過去最高を更新しました。Appleが発表したその販売台数は7450万台でした。6700万台前後としていた世界のアナリストたちの予想を大きく上回り、台湾KGI SecuritiesのMing-Chi Kuo氏の予想台数の7150万台をも上回ったのです。前年同期に比べたiPhoneの販売台数伸び率は46%となり、1年前の7%、2年前の29%を大きく上回りました。

これまでの販売台数の最高記録は、「4S」を発売した2011年10~12月が3704万台、「5」発売直後の2012年10~12月が4779万台、「5s」「5c」発売直後2013年10~12月が5103万台でした。ところが2014年10~12月期はこれらから突出し7450万台となりました。これまでiPhoneの販売台数は、故Steve Jobs前最高経営責任者が死去した後の2011年10~12月期まで、100%前後の高い伸びで推移していたが、その後は鈍化していました。

昨年の販売台数の伸び率は、故Steve Jobs前最高経営責任者の死去後の伸びに匹敵する伸び率でした。この大幅な販売台数の拡大は、デバイスの画面の大画面化が影響しているといえます。Appleはこれまで4インチ以下の画面サイズに固執していたため大画面が売りのアンドロイド端末に市場シェアを奪われてきました。画面を大型化した6シリーズは、そうした消費者層を取り戻し、ライバルに反撃することを狙ったモデルだったからです。

iphone販売台数

iPhone 7/6Sの販売台数予想

全機種がこれほどまでに好調な販売実績をあげていると、次期のiPhoneの販売台数は伸び悩みそうなものですが、iPhone 7/6Sはさらに売れるのではないかと思われます。
それは、発売時期がキャリアとの契約更新の時期にあたること、加えて長年のiPhoneユーザーの悩みの一つであったバッテリー寿命の延長が、iPhone 7/6Sでは叶うからです。すでに成熟期を迎えたスマートフォン市場でも、アップルの最新機能を詰め込んだiPhone 7/6Sは、多くのユーザーから待ち望まれています。

recover deleted messages on iphone

推奨商品:Wondershare Dr.Fone for iOS

iPhone/iPad/iPodのデータが無くなって悩んでいる方、大事なデータの復元を実現したい方へ!

  • 対応機種:iPhone 6 Plus/6/5S/5C/5/4S/4/3GS
  • iOSデバイスの削除されてしまったデータを直接復元
  • iTunesやiCloudバックアップファイルからデータを復元
  • 復元可能なデータ種類は写真、ビデオ、メール、SMS、連絡先など
  • リカバリーモード、リンゴループやその他の異常モードから救出
Win版ダウンロード

無料体験

Win版ダウンロード
Mac版ダウンロード

無料体験

Mac版ダウンロード

名のユーザー様に無料体験をしていただきました!

ホーム > 製品活用ガイド > topic > iPhone新機種関連 > iPhone 7/6Sの販売台数の予想

サイトマップ

Top